LONNER CO.

品質ですべてを語りたい。

品質ですべてを語りたい。

創業以来、ロンナーは半世紀を超え、一貫して高品質な服づくりを続けてきました。
私たちの目指してきたのは最高の着心地と型崩れしにくい堅牢性、そして美しい外観。
古くからイタリア、アメリカなどのトップメーカーとの提携を通して、
さらなる技術の向上にも努めてまいりました。
E.Zegna(伊)、Taylor&Lodge(英)を初めとする世界トップクラスの
生地メーカーとの30年以上にわたる信頼関係も大切な財産です。

1949 昭和24年 三陽衣料株式会社設立
1950 昭和25年 高級品志向を打ち出す。
1953 昭和28年 技術導入のため海外視察。
1954 昭和29年 技術・デザイン研究室設置。
1956 昭和31年 本社、現在地に移転。
1959 昭和34年 大阪布施工場(直営)完成。
サンヨウ縫製株式会社設立。
1963 昭和38年 東京支店開設。
奈良五条工場(直営)完成。
大阪布施工場閉鎖。
1964 昭和39年 大阪枚方工場(直営)完成
製造本部設置。IWSライセンス取得。
1965 昭和40年 名古屋支店開設。
通産省よりJIS工場として認可。
ナンバーシックス結成、加盟。
1966 昭和41年 内見会(受注生産)方式採用。
日紳連、加盟。
1967 昭和42年 本社ビル完成。
大阪府品質管理推進工場に認定。
1968 昭和43年 品質管理優良工場として業界初の表彰。
1969 昭和44年 朝日プレタポルテ・メンズモード賞を受賞。
1970 昭和45年 長崎島原工場(直営)完成。
九州ロンナークロージング株式会社設立。
1972 昭和47年 東京支店、移転(T.O.C.ビル)。
IWSより品質優良表彰。
1973 昭和48年 本社ショールーム設置。
長崎島原工場増設。
創立25周年式典開催。
1974 昭和49年 ハートシャフナー&マークス社(アメリカ)と全面提携。
アメリカ研修へ社員派遣。
長崎深江工場(直営)完成。
1975 昭和50年 福岡支店社屋完成 開設。
1977 昭和52年 ロンナー株式会社に社名変更。
1978 昭和53年 レオナルド・ヴィンチ デザイナーと契約。
1979 昭和54年 東京支店拡張、ショールーム設置(T.O.Cビル)。
1982 昭和57年 柴田久一社長、大阪紳士服工業組合理事長に就任。
ミラ・ショーンブランド導入。
1984 昭和59年 大阪枚方工場CADシステム設置。
1988 平成元年 ロンナー大阪営業ビル完成。
本社社屋改装。
コンピューター(SWSシステム)設置。
創立40周年記念式典開催(社内)
1989 平成2年 柴田久一取締役会長に、柴田耕作取締役社長に就任する。
イメージキャラクターとして沢田研二と契約。
テレビコマーシャル放映開始。
1990 平成3年 島原工場、雲仙普賢岳噴火により被災。
1991 平成4年 島原新工場(下宮町)完成。
1993 平成6年 ファッションオフィス拡張、移転(T.O.C.ビル)
1996 平成9年 リチャード ジェームス(ロンドン)ブランド導入。
2007 平成19年 インフォリオ+ブランド立ち上げ。
現在にいたる。